2016年9月23日金曜日

<SMC 9月の行事>


Englishだべり場
15日(木)1500-1700 @国際センター・ラウンジ(センター棟1F)
ネイティブと英語でおしゃべりしたい方、上記の時間の間でどの時間帯でも気軽にお越し下さい。
 無料です。
*一時帰国していたMelanie Brunell先生が復帰されました。
 後期は毎週上記の日時・場所で行われます。ご注意下さい。
SMC運営委員会
27日(火)900-1030 @SMC会議室(B2F)  
ギリシア語新約聖書講読会 

29日(木)16:20-17:50 @チャプレン室(B2F
 ルカ1938以下を読みます。

<スミス・ミッションセンター合宿旅行のご案内>


SMCでは毎年、キャンパスから離れて、学生同士や教職員と語り合う場である一泊合宿旅行を行っています。今年のテーマは「エンジョイ・ミュージック」です。チャペルクワイア、ハンドベルクワイア、NSBC(ゴスペルサークル)の民さんが、それぞれ音楽の楽しい世界に誘うプログラムを準備して下さっています。音楽好きな学生のみなさん、新しい仲間に出会いたい皆さんだったらどなたでもどうぞ。

日 時:2016年10月7日(金)~10月8日(土)
    (71800大学図書館前出発、81330大学着 解散)
場 所:定山渓ビューホテル
    参加費:1,000円(1泊2日、3食込み)
      北星学園大学・同短期大学部在籍の学生が対象です(定員があります)。 
申込期間:~9月30日(金)
   
所定の申込書と参加費を総務人事課窓口(C館3階、担当:佐々木)へご提出下さい。

    *申込書はチャペル入り口、チャプレン室(B2F)入り口にあります。

2016年9月14日水曜日

ボランティア報告会のお知らせ

スミス・ミッションセンターでは、この夏休みに三つのボランティアを派遣しました。そこで学んだり感じたりすることを発表する報告会があります。どなたでもどうぞ。 

    *いずれも12:10から12:30まで。場所は、大学チャペルです。

1回 熊本地震被災地支援ボランティア派遣

  期間97日(水)から912日(月)まで
  場所熊本県阿蘇市及びその周辺地域
  目的 熊本地震に伴う被災地支援活動を行って、ボランティア 
     人     数   :    4名
        <報告会日程> 
      10/5(水)、17(月)、24(月)

         第13弾 東北被災地支援ボランティア
   期間:
    第1期        816日(火)-21日(日)
     第2期        823日(火)-28日(日)
     第3期        830日(火)-94日(日)
     第4期        96日(火)-11日(日)
  場 所 宮城県仙台市 
  受入団体:被災者支援センター・エマオ
   人     数   :   16名
     <報告会日程>
  10/4 (火)、18 (火)、19 (水)、25 (火)
 
      2回 国際ワークキャンプボランティア
 期  間: 829() 95() 8日間〕
 受入団体:児童福祉施設バーン・ジンジャイ(タイ王国・パタヤ)
   人      数   :   5名 
    <報告会日程>
   10/6(木)、12(水)、20(木)

「揚原祥子ピアノコンサート~シェイクスピア没後400年に寄せて~」開催のお知らせ



開学50周年時に入替えられた北星チャペルの新しいピアノ(Shigeru Kawai SK-5)。ピアノソロでのお披露目をしていただいた揚原祥子さんの演奏で、楽器とチャペルの調和の深まりをお楽しみください。
今年2016年はシェイクスピア没後400年。それにちなんだプログラムをお届けします。
「この正解はひとつの劇場、ひとは誰でもみんな役者」(シェイクスピア)。
ピアノが紡ぐ音世界、わたしたちをどこに連れて行ってくれるでしょうか。
日時:9月28(水)12:10開演
会場:北星学園大学チャペル
<演奏曲目>
ラヴェル:水の戯れ
ヘンデル:シャコンヌ
ダウランド:涙のパヴァーヌ(スヴェーリンク編)
ベートーベン:ピアノソナタ第17番「テンペスト」Op.31-2 ほか
<出演者>
揚原 祥子
 <プロフィール>旭川市生まれ。千葉大学教育学部准教授
東京藝術学音楽学部附属音楽高等学校を経て、同大学ピアノ科を席で卒業、同大学院修課程修了大学院在学中、安⽥⽣命クオリティオブライフ文化財団の奨学を得て、ハンガリー国リスト音楽院に学。大学在学中、第58日本音楽コンクール第1位、野村賞、井賞受賞。学内にて安宅賞受賞。ドイツの電社に招かれ、デュッセルドルフ、エッセン、ケルンで演奏会に出演。近年は国内各地でソロリサイタルを開催するほか、歌曲伴奏や室内楽の活動も数多い。第一生命ホールオープニング特別演奏会、キタラホール10周年記念コンサートなどに出演。本フィル、札響などのオーケストラと共演。NHK-FMFMリサイタル」「名曲リサイタル」出演。音楽之友社より3枚のCDをリリース。

※入場無料(予約不要)

2016年7月19日火曜日

熊本地震の義援金募金ありがとうございました。

SMCによる熊本地震の救援募金(2回分)は、630日で締め切り75,511円が集まりました。715日に送金し日本キリスト教団九州教区を通して被災地に送られました。
チャペルコンサート、チャペル落語、またC館1階募金箱でご協力を下さった皆さま、ありがとうございました。

2016年7月6日水曜日

ランプの会。ギリシア語聖書講読会のご案内

17回ランプの会例会

    81日(月)1620-1730、スミス・ミッションセンター会議室(B館2階)でおこなわれます。講師は古賀 清敬氏(本学文学部教授)「わたしの信仰遍歴と日本キリスト教会」という題です。入場無料です。どなたでもご参加ください。
  
  古賀清敬氏プロフィール

1949年佐賀県生まれ。保育園をさぼり、国際基督教大学、日本基督教会神 学校を卒業後、日本キリスト教会札幌白石教会牧師から北星学園大学文学部教 員へ。
・日本キリスト教会北海道中会宣教教師
・北海道朝鮮学校を支える会共同代表、強制連行・強制労働犠牲者を考える北 海道フォーラム共同代表など。
・温泉、カラオケ、散歩が趣味の初期高齢者
・著書「お金が好きな人のための聖書入門」  

 ギリシア語聖書講読会 7月例会
    7月28日(月)1620-1730、チャプレン室(B館2階)です。ルカによる
    福音書19章31節以下を読みます。

サラ・ブライトマンの中継

 
昨晩(7月5日)の7:30分からNHK歌番組「うたコン」の中継が、北星学園大学のチャペルから行われました。夕方になると中継車がチャペル横に並び、チャペル内は大勢のNHKスタッフと関係者の熱気で溢れていました。それにしても凄い量の機材です。チャペル内は赤い(紫のようにも見える)ライトで照らされ、幻想的な雰囲気になっていました。チャペル正面の青いタイルは、赤いコスチュームを鮮やかに見せます。Time to say Goodbyeはすばらしかったです。